ホノルルマラソン完走メダル

ホノルルマラソン完走メダル

こんにちは、当サイト運営者の田中徹也です。

さて、僕はこれまで5回ホノルルマラソンを完走しています。
今回はその完走の「証」ともいえるメダルを紹介しますよ!

ホノルルマラソン完走メダルコレクション

2008年大会(第36回大会)

僕にとって忘れられないはじめて参加した大会です。
スタート地点から雨、ダウンタン折り返したらバケツをひっくり返したよう豪雨でした。
でもゴールする頃には晴れ!!!

これがそのときのメダルです。
表面加工がされていないのか、無骨感もあります。

なんせ疲れて次の日は武藤のような歩き方でした。

2010年大会(第38回大会)

1年お休みしての参加。
このとき一緒にいった人は、スタートの瞬間に足をくじき8時間程度で帰ってきました(笑
それもくたくたで。。。。

ホノルルマラソンに時間制限はありません。
しかし長い時間掛かると、彼のように体力を日光や暑さにやられてダメージが深刻化することもよーく分かりました。
ある程度の午前中で走りきることをお薦めします。

この年から表面の加工がされたのか、つるつるした感触に。
色も綺麗に発色されています。

2011年大会(第39回大会)

このサイトでランニングのノウハウを書いてくれている藤原トレーナーと参加した2011年大会。
昨年とはちがいますが、藤原トレーナーは到着日(ホノルルマラソン前日)、ハワイについてテンション上がりすぎてビーチでダッシュ。

結果足の裏を痛めるという運動トレーナーらしかなぬ初歩的なミスで苦労されていました。
でもそんな藤原君が大好きです。(笑

この年はオレンジでした。
これも綺麗ですね。

あ、藤原君の記事も参加するかたは参考にしてくださいね。

初心者のためのホノルルマラソン完走トレーニング

2012年大会(第40回大会)

2012年大会はなんせ熱かったイメージがあります。
この時期雨期のために、じめっとしたパターンの場合結構疲れます。、
一緒に行ったメンバーは楽しかったので、いろいろ思い出あるのですがレース中の思い出が一番なぜか薄いこの年です。

なお、3人で僕らはいったのですが、スタートでは僕が完全に遅れてましたがゴールの時は僕が1番。
いつ抜いたのかな~。
それさえ分からないくらい。なんせずっと周りに人が多いのもホノルルマラソン。

そしてこの年は40回の周年大会だったので参加者が多かった!!

そしてメダルもモデルチェンジですね。
円形から、このランナーの形に。

2014年大会(第42回大会)

2年間のブランクを経て参加した2014年大会。
このときはほとんどトレーニングをせず参加。
結果10キロのダイヤモンドヘッド上ったところくらいでバテる。。。。。

やっぱ42キロは長いなーって思い知った2014年。
でもやっぱりホノルルマラソン最高やなー!
って思った2014年大会。

メダルも人型で白・メダル掛けが紫とシャレオツ感が半端ないです。

さあ2017年は?

さて、2年まるまるブランクで僕も参加ですがどんな感動があるのか本当に楽しみです。
どんなメダルかな?
また、完走者Tシャツも楽しみです。
これもまたおいおいブログで過去のが公開できればと。

その時の感動をしっかり味わうためにも、しっかり練習します!!


ホノルルマラソンの基本情報から、前日当日の過ごし方。
走るためのコース攻略法すべてが一冊に詰まっています!
ホノルルマラソンいくなら読むべし!

ホノルルマラソン完全攻略法


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU
HOME