それでも僕が飴を薦める理由(おススメの飴もご紹介)

それでも僕が飴を薦める理由(おススメの飴もご紹介)

ホノルルマラソンだけでなく、フルマラソンを走るときに飴やチョコレートを持って走る人がいます。
効果はどうなのでしょうか?

しかし、実際に走った僕からすればホノルルマラソンいくなら、飴もっていけです。

ホノルルマラソンと飴

ホノルルマラソンではコース上に給水以外の用意はありません。
すなわち食べ物は無いのです。

朝5時から走り、もし6時間でゴールすれば11時まで何も食べないことになります。
当然ガス欠しますので、食べ物を持って走ることになります。

栄養的にどうなのか?

実際レース中に疲れたと飴を食べてエネルギーを補給する方もいます。
当の僕もエネルギー補給で飴を食べていました。

しかし、結論からいうと飴のエネルギーはマラソンをクリアできるほどないということです。

飴のカロリーを見てみよう

じゃあ、実際飴のカロリーを見てみます。
日本でメジャーどころというと、やはりパイン飴ではないでしょうか?

調べたところ、パイン飴の1つぶのカロリーは19キロカロリー。
マラソン走るの3,000キロカロリーくらいいるので、まったくもって足りません。(すべてを補わないとしても)

ランニング用のジェルと比較します。

こちらは180キロカロリーです。
ようは、約パイン飴9粒ちょいとなります。

エネルギーとしては効率が悪いです、しかし僕が飴を薦めるのには訳があります。

飴の最大の効果は気分転換

僕の考える飴の最大の効果は気分転換です。
走っている間、給水は水かゲータレードです。

もうゲータレードにね、飽きちゃいます(笑
けっしてまずいとかではなく、ずっと飲みますからねー。

そこでそんな口の中をリフレッシュするの最適なのが飴なのです。

塩分補給も一緒に!

あと、最近では塩分チャージできる飴もありますよね。
そんなのも持っていくといいです!

僕のおススメ、ホノルルマラソンのお供の飴はこれ!

ちなみに僕がおすすめするのはこちら!

そうです、梅味でおなじみの小梅ちゃんです。
走っているときにあの味。
気分転換に最高です。

ちょっと塩っぽくもありますよね。

もう1つはこちら

ベタですが、黄金糖。でもこれがうまい!
もちろん最初に出したパイン飴も捨てがたしです。

ホノルルマラソンを楽しく走りきるためにも、飴による気分転換もやってみましょう!


ホノルルマラソンの基本情報から、前日当日の過ごし方。
走るためのコース攻略法すべてが一冊に詰まっています!
ホノルルマラソンいくなら読むべし!

ホノルルマラソン完全攻略法


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU
HOME