マラソンの時にしんどいぞ!ハワイでの便秘対策

マラソンの時にしんどいぞ!ハワイでの便秘対策

ハワイにいくと普段全く便秘しない僕も便秘気味になります。
なぜ、そうなるのか謎だったのですが、今回コラボでセミナーした牧野仁先生に、その答えを教えてもらいました。

ハワイでなぜ便秘になるのか?

ハワイにいって2日ほどすると必ず便秘になります。
僕は日本にいる場合は、便秘になることはありません。
しかし、ハワイにいくとなぜか、、、、

ホノルルマラソン前に便秘なんてつらすぎます。
お腹がもやもやした状態で走りたくないですよね。

そんなことを昨日開催していたホノルルマラソン完全攻略法セミナーの前に、牧野先生に話したら教えてもらいました。

便秘=食物繊維?

便秘というと、一般的に食物繊維が足りないんじゃねぇ?と思います。
しかし、ハワイでは普通にサラダとか食べますよね。

じゃあ、肉がおおいから便秘なんじゃねぇ?ともなりますが、それも一理あるかもしれませんね。

でもポイントになるのは炭水化物なのです。

そもそも便は何?

そもそも便は何で構成されているか調べてみました。
お食事中の方はすみません、、、、wikipedia調べです。

人間の場合、便を構成する成分のうち、食べ物の残滓はおよそ5%に過ぎない。大半は水分(60%)が占め、次に多いのが腸壁細胞の死骸(15%〜20%)である。また、細菌類の死骸(10%〜15%)も食べ物の残滓より多く含まれる。

人間の場合、楕円形から棒状で、その太さや長さは体調などによっても変化する。食物繊維、炭水化物を多く摂取すると便は太く大きくなり、高カロリー、高脂肪の割に食物繊維や微量栄養素の少ないジャンクフードを食べていると、便は細くなる傾向がある。

はい、ここで注目なのですが2つめの囲み内にある炭水化物です。
ようは僕ら日本人にとっては、お米ですね。
実はハワイでご飯を食べるときに、お米もたくさんありますが、意外と炭水化物が少ないのです。

便の量(かさ)を増やす炭水化物

基本的に便がでるにしても、量が少ないから出にくいとなります。
そのためにも炭水化物が必要となるのです。

ですので、サラダも大事ですが、ハワイでは積極的にお米を食べたいところです。

ハワイで美味しいお米はあるのか?

基本的にお米を食べる人が多いハワイなので、比較的簡単にお米は手に入ります。

でも、美味しいお米が食べたいですよね。
またマラソン当日の朝もおいしいおにぎりなんかがあれば最高でしょう。

おススメのおにぎり店

そこで、はじめてのホノルルマラソンとしても皆さんにおすすめのおにぎり店をご紹介。

それが「いやすめ」です。

いやすめ

いまでは何カ所かハワイに出店しており、おいしいおにりぎがゲットできます。
分かりやすい店舗でいうと、免税店の一本東側の立て筋です。

334 Seaside Ave, Honolulu, HI 96815

かなりのクオリティのおにぎりが手に入りますので、ぜひ寄ってみてくださいね。

まとめ

ホノルルマラソン前に便秘にならないように、サラダも大事ですが、しっかり炭水化物も取りましょう!


ホノルルマラソンの基本情報から、前日当日の過ごし方。
走るためのコース攻略法すべてが一冊に詰まっています!
ホノルルマラソンいくなら読むべし!

ホノルルマラソン完全攻略法


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU
HOME