ホノルルマラソンスタート地点まで来ている服は?

ホノルルマラソンスタート地点まで来ている服は?

2017-09-27

本日の報告

本日5.2キロラン。

9月走行距離

78.4kmキロ/目標100キロ

スタート地点まで来ている服は?

ホノルルマラソンは12月に開催されます。
常夏のハワイであってもやはり雨期、冬の時期があります。
まさにホノルルマラソンはそんな時期なのです。

よって朝5時スタートのホノルルマラソン、すこしひんやりします。
そこでスタートまで体を冷やさないように上着を持っていきたい。
しかしスタートで脱いだ時その服はどうすればいいのでしょうか?

公式には衣類預かりはしていない

ホノルルマラソンの公式サイトは以下とおり回答しています。

協会では、スタート地点で防寒用として着ていた衣類などをお預かりするサービスはご用意しておりません。もし必要のない衣類であれば、スタートエリア脇の歩道などに置いておいて結構です。スタート終了後に係が回収し、処分します。
なお、保安上の理由によりスタート地点(アラモアナ公園)にはゴミ箱を設置していません。風に舞うような素材の衣類やビニール袋等は、スタート地点には残さずに持って走って、途中のエイドステーションのゴミ箱に捨ててください。

このように、公式には衣類の預かりはしていません。
よって肌寒さをカバーするために服をもっていくと、スタートからゴールまで自分で持っていくか、捨てるかしかありません。

それはさすがに難しいとおもいます。
そこで僕はこんな方法をお勧めしています。

100円均一の雨がっぱを買う

公式見解でも

もし必要のない衣類であれば、スタートエリア脇の歩道などに置いておいて結構です。スタート終了後に係が回収し、処分します。

とあります。
よって僕がおすすめなのは100円均一の雨がっぱです。

上下セパレートのものもありますが、おすすめはロングタイプのカッパです。
コートみたいのですね。
100円であれば、スタートまで着て行ってそのあと捨てることもできます。

また、防寒効果も高い。
よってコスパと捨てれることも考えればすごくいいものですね。

もし雨なら。。。

もし雨であれば、当然このカッパが役に立ちます。
また、雨の場合は一応「スーパーなどでもらえるビニール袋」がいいとおもいます。
これでシューズを包んでおけば走る前からぐずぐずになることもありません。
ぜひうまく使いましょう。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

↓押していただくとブログを書くはげみになります!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

いろんな情報が届きます!
はじめてのホノルルマラソン@LINE
こちらをタップして登録してください。↓
はじめてのホノルルマラソン@LINE


ホノルルマラソンの基本情報から、前日当日の過ごし方。
走るためのコース攻略法すべてが一冊に詰まっています!
ホノルルマラソンいくなら読むべし!

ホノルルマラソン完全攻略法


コメント


  1. 勝谷雅昭

    万が一の雨に備えて、アスリートショップで売っているビニールポンチョを持っていきますが、なければ家庭ごみを捨てる45L位のごみ袋に頭と手が出る穴を開ければいいと思います。ただしこれだけは明記していただきたいのは走り出してからは絶対に路上に脱ぎ捨てないということです。後続のランナーが脚を捕られたり、滑らせたりで転倒したら大惨事です。かならずエイドのごみ箱に捨てるようにしてほしいです。

    Reply



    • tanakatetsuya

      走り出したら危ないですからね。
      公式ではスタート地点は沿道OKのようです。

      Reply


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU
HOME