走っているときに靴擦れができたときは?

走っているときに靴擦れができたときは?

2017-09-08

本日の報告

仕事に忙殺、、、明日はマラソンクリニックです。

9月走行距離

5キロ/目標100キロ

走っているときに靴擦れができた!!

ホノルルマラソンは42.195キロの旅。
どうしても長い距離を走る中で靴擦れができることも、、、、、

そんな時はどうすればいいでしょうか?

まず、靴擦れができないように!

そもそもまずは靴擦れができないようにすべきです。
その方法はいろいろありますが、以下の方法が考えられます。

サイズの合った靴で練習し、その靴で本番に臨む

よくあるのが、マラソン当日初めておろす靴で走る人です。
常日頃から練習で使っているシューズで走りましょう。

あと、当然サイズはしっかり合わせましょう。
最近では各メーカーのお店で正確な計測もできます。
無料でだいたいしてくれますので利用しない手はありません。

靴下をはく前にしておくこと

靴を履く前にしておく僕の対策を紹介します。
それは「ワセリン」です。

ワセリンを足全体に塗ってから靴下を履きます。
指の間にも塗ります。
滑りそうですが大丈夫。
これで靴擦れができたことはありません。

なお、コース上でもワセリンは配られています。
水あめのように木の棒につけられて配っています。
ただ、英語では「ワセリン」というときに
『ヴァッセリン』と僕ら日本人には聞こえます。

『ヴァッセリン!ヴァッセリン!』と言いながら木の棒に糊のようなものをつけて、その周りに「Don’t eat」と書いていればそれがワセリンです(笑

ちなみに、日本で買うなら薬局にありますし、アマゾンにもございます。

コース中でバンドエイド・絆創膏は?

ホノルルマラソンではオフィシャルな回答としてエイドステーションにおいても絆創膏は置いていません。
よって、もし靴擦れの恐れがある場合は必ず持参しましょう。

ぜひ参考にしてくださいね。

いろんな情報が届きます!
はじめてのホノルルマラソン@LINE
こちらをタップして登録してください。↓
はじめてのホノルルマラソン@LINE


ホノルルマラソンの基本情報から、前日当日の過ごし方。
走るためのコース攻略法すべてが一冊に詰まっています!
ホノルルマラソンいくなら読むべし!

ホノルルマラソン完全攻略法


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU
HOME