ホノルルマラソンのコースについて

ホノルルマラソンのコースについて

さあ、いよいよ明日ホノルルマラソンスタートです!

今日はあらためてコースについて説明します。
はじめてホノルルマラソンに挑戦する、ホノルルマラソン初心者には知っておいて欲しいコースのこと。

42.195キロという長い長いゴールまでの道のりは、ハワイの様々な風景とあえます。
このサイトでもコース紹介のページがあるので参考にしていただきたいのですが、その中でも僕にとっても過去5回の完走のなかで思い出深いポイントを紹介します。

コースの情報はこちらでも掲載しています。

ホノルルマラソンのコース攻略

スタートから6キロぐらいまで

s__1867813

飛ばしちゃだめぇぇ!!

ホノルルマラソンのスタートは花火もあがりテンションが上がります。
だからどうしてもスタートは飛ばしがち。

またスタートしても3万人が一斉にスタートするので、なかなかスタートのラインを踏めません。
踏んだら前が動くので、急にスピードにのって走りがち。

抑えて抑えて自分のペースをしっかりまもりましょう。
そして周りのランナーとの一体感を楽しみましょう。

レッドブルで乾杯してスタートの僕ら。

s__1867814

足元注意!

また、スタートからダウンタウンの折り返しまでは数車線ある道路を走ります。
日本では車線があれば道路にペイントされていますが、ハワイでは丸い鉄のようなものが埋め込まれており、少しそれが道路から出っ張ってます。

たまにこれに足を取られます。
車線のところは走らないほうがいいです。

またダウンタウンに入り、少し走ると最初の給水所が。
ここでは水だけです。ゲータレードはありません。
みな最初の給水で殺到しますので、もらうのであれば少し先までいってっもらいましょう。

またクリスマスのイルミネーションがきれいですよ。

kimg0074

6キロから11キロ

このあたりはちょうどアラモアナからハワイの目抜き通りであるカラカウア通りを駆け抜けるところ。
いつもは車がはしるハワイと言えば!の風景。
堂々と車道をランナーたちが占拠します。

まだこの辺りでは暗い状態でしょう。
そして沿道の応援が一番多いところですね。

僕は「ホノルルマラソンは音楽を聴きながら走るものではない!」という持論があります。
しっかりと沿道の応援を自分のものにして、ダイヤモンドヘッドに向かいましょう!

また、ちょうどこの10キロくらいでゴール地点であるカピオラニ公園の横を過ぎますよ。

11キロから18キロ

さあ、最初の難関です。
ダイヤモンドヘッドの登りです。

けっこうこれがきついです。
またまあまあ距離もあります。

少し前傾姿勢で一歩一歩確実に走りましょう。
ちょっと疲れもでるときです、飴などがあれば気晴らしに口へ。

ダイヤモンドヘッド登りは右側を走れ!!

またこの登りを一気に行く方法があります。
それは、、、、ハイタッチ!!

ダイヤモンドヘッドの登りは狭い道路を往復路をロープで区切っています。
もう車いすのランナーがこのあたりになると戻ってきますので、そのために分けているのですが、このロープ、多くのボランティアが持って立っているのです。

ボランティアのみなさんはランナーにエールをくれます。

「Good Job! Good Job!」とかね。
だからそのボランティアとハイタッチしながら登る。

これがすごいパワーがもらえます。
だから、、、、ダイヤモンドヘッドを登るときは。。。。

右側を走る!これ鉄則。

ダイヤモンドヘッド下りからカハラへ

ちょうどこのころ日も登りはじめます。

s__1867823

ダイヤモンドヘッドを登りきると、下りが長くなります。
ここ注意!

足は登りより下りのほうがダメージ大きい!!
ゆっくりゆっくりおりましょうね。
走りたい気持ちは分かります!
でもゆっくり!

なんかいい雰囲気、カハラへの道

カハラへの道では地元の学校やグランドをよこに走ります。
ローカル感を少し感じられるいい雰囲気のところ。
僕の好きなポイントでもあります。

また下り坂で明るくなりつつ中、様々な色合いのウェアを着たランナーの姿もいいものです。
以前アップしたyoutubeの動画も、ここで撮ったものです。

ここを過ぎると高速道路へ入っていきますよ。

18キロから24キロ

さあ、カナニアナオレハイウェイ往路です。
ホノルルマラソンのきついポイントともいえます。
約6キロ延々とつづく高速道路を走ります。

毎年私はこのあたりでタレントさんや高橋Qちゃんをお見掛けします。
そうしたうれしいハプニングが元気につながります。

またここでハーフを迎えます。
もう半分きましたよ!!

いろんなドラマ

このあたりにくると、もう歩いているランナーも数多くいます。
ホノルルマラソンは初心者にやさしい時間制限のないマラソン大会。
逆をいうとあまり練習していない人もきます。

また「なにかの記念に走ろう!」とか「新婚旅行ついでに走っている」なんてランナーも。
子どもと走る人もいれば、アメリカの軍人が重い装備を背負ったまま歩く、なんて姿も。

たくさんの人が思い思いのなにかを持って走るホノルルマラソン。
そんな姿が見えてくるのがこのあたりの距離です。

自分が走っている意味をちょうど思い起こすタイミングでもありますね。

24キロから28キロ

さあ、ハワイカイです。
ぐるっと大きな周回をしていよいよ折り返しです。

このあたりは大きな家も多く、その家の方が応援にでています。
また差し入れ的に地域の方が果物やチョコレートをだしております。
ありがたいですねー

そうした方々とのコミュニケーションもパワーに変えましょう。
もちろんこのころはもう体ががたがたです(笑

28キロから35キロ

いよいよ高速道路であるカナニアナオレハイウェイ復路です。
めちゃくちゃきついところです。

ただただ邁進。

また僕の場合はこのころから給水ポイントで冷たいスポンジをもらって足を冷やしながら走っています。

たまにこうした強者も、、、、

s__1867821

僕はぐったりでした。。。。

s__1867822

35キロから40キロ

ここからはカハラを抜けて、ダイヤモンドヘッドにもう一回登ります。
ここが最後の難関ですね!!

きついですけどがんばりましょう。
このあたりになると「何時間きれますよ!!」という沿道の声も。

自分の目標に向けて最後のふんばりどころ!!

40キロからゴールへ

ダイヤモンドヘッドを登り切れば、あとはカピオラニ公園へ向けて走ります。
カピオラニ公園に入るとゴールまで直線で1キロ!!

さきの方にゴールが、、、、、

kimg0086

ここが長いですが、最後の最後のがんばりどころ。
ゴールはもうすぐ。

コースの両サイドにはたくさんの応援が!!

s__1867816

20121209-111818_22443802-1-1_987-504984_alldatax1

ぜひがんばってゴールの感動を!!

ゴール後についてはこちらの記事も参考にしてくださいね!

ホノルルマラソンゴール後の過ごし方


ホノルルマラソンの基本情報から、前日当日の過ごし方。
走るためのコース攻略法すべてが一冊に詰まっています!
ホノルルマラソンいくなら読むべし!

ホノルルマラソン完全攻略法


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU
HOME